心の問題を解決させる【うつ病の克服による幸せ】

心に寄り添う、あなたの医療

なりやすい人

うつ病を発症しやすい人の特徴としては、性格的に真面目であるという部分が非常に大きな特徴とされています。真面目で愚直、完璧主義を有している人は、うつ病になってしまう可能性を大きく有していると言えるのです。真面目さとは、周囲の期待に全力で答えようとする考えを発生させてしまう事が大きいのです。失敗を強く恐れ、必ず成功させようとする事で、ちょっとしたトラブルや失敗にも必要以上に大きなダメージを発生させやすいと言えます。また、融通がきかないという生活も持ち合わせている可能性が非常に大きく、人間関係にほころびが出てしまう事もあります。そして、その事に対しても非常に大きなストレスを感じてしまい、心をすり減らしてしまう事になるのです。周囲の人間に自分の事をわかってもらいたいのに、上手くいかない。この部分が、その人の精神に大使て非常に大き案障害を発生させてしまうのです。

更に、性格的特徴としては、気分が一定にならず、気分の良い時と非常に落ち込んでしまう時を行き来してしまう循環気質の方は、双極性といううつ病を発症する可能性を有していると言えます。双極性とは、その名の通り良い気分とひどく落ち込んだ気分を交互に繰り返し、両方の気分の変動が非常に大きいという部分が存在していると言えるのです。更に、責任感が強く、全力で向き合う基質である執着気質の人も、重大なうつ病にかかってしまう可能性を大きく有しているのです。逆に言えば、楽観的であり、周囲の人間と程よい距離感で上手く付き合っていくことが出来る人は、うつ病になる確立は非常に少ないといえるのです。そのためどんなことでも、まぁいいかという気持ちを持つことが、精神を優良に保つコツだと言えるのです。あまり考えすぎず、適度に力を抜くことが重要だと言えます。